regame ORGANIC NATURAL BEAUTY

0465-20-4800

小田原市矢作25−1

営業時間:9:00~16:00(4月24日まで)

定休日:毎週火曜日

WEB予約 regame

NEWS&BLOG

HAIR

2019.12.30

カラーと髪の傷みについて

今回は、カラーの種類別にダメージのランキングをしていきたいと思います。

市販、サロンカラーどれが一番髪に負担があるのか、どのくらい差があるのか紹介していきます。



①市販ブリーチ

市販のカラー剤は、基本的に誰でも染まるように薬剤のパワーが強めに設定されています。




②サロンブリーチ

ブリーチの施術は、カラーリングの中で一番難易度が高い施術に、なっています。

色も綺麗で、ブリーチ後に乗せるカラーの色持ちも違います。





③明るめの市販カラー

明るければ明るいほど、髪に負担が大きくダメージしてしまいます。



④市販泡カラー

泡カラーは、手軽に自分で出来るカラー剤ではありますが、元々強めに作られているカラー剤に加えて泡立ちの成分を配合しているため、髪の負担は大きいです。


⑤市販白髪染め

明るめのカラー剤より、暗めなカラーのがダメージは少ないです。

グレーカラー世代は白髪が出てくるのと同時期に、毛髪強度も衰えてきて、髪が傷みやすくなります。


⑦暗め市販カラー

暗めのカラーだからといって、傷まない訳ではありません。毛先の負担は大きくなります。
サロンでは、根本と毛先の薬を塗り分けしてダメージを少なくしています。

⑧明るめサロンカラー

明るめのカラーで綺麗な色を維持するには、頻繁にカラーリングをしなければなりません。

⑨サロングレイカラー

根本のリタッチが多いと思いますが、自分で根本だけ塗るのは、難しいですよね。


⑩暗めサロンカラー

根本と毛先の薬を分けて作るので、髪のダメージを軽減できます。


ランキングをみると、やはりブリーチは最強でしたね。自分でやるのは、薬が強い分色むらになったり、髪の負担があります。



市販は、どこでも手軽に買えて値段も押さえられますが、何度も回数を重ねていくと、髪の負担も大きく、綺麗な髪を維持出来なくなっていきます。



やはり、プロの美容師さんにお願いしてカラーをしてもらった方がいいですね☺️🎵🎵




一覧へ戻る