regame ORGANIC NATURAL BEAUTY

0465-20-4800

小田原市矢作25−1

営業時間:9:00~21:00 (日曜日は16:00まで)

定休日:毎週火曜日

WEB予約 regame

NEWS&BLOG

HAIR

2019.12.24

白髪染めの種類

白髪染めの種類



今回は、白髪染めにはどんな種類があるのかご紹介していきます。

最近白髪が気になり始めた方から、白髪をすでに染めてる方まで参考にしてみてください。




①一時染毛剤


カラーマスカラやヘアスプレー、ファンデーションタイプの物もあります。

一度のシャンプーで落ちます。
手軽に使えるアイテムだと思います。

ダメージも無く、かぶれる事もありません。

継続的に使うのではなく、急なお出かけで美容室に行く時間が無いときなど、一時的に白髪を隠す物になります。






②半永久染毛剤

ヘアマニュキアやカラートリートメントの事です。


(ヘアマニュキア)


髪や頭皮への負担がないです。
ダメージやかぶれる心配がありません。
髪の表面をコーティングするので、とても艶がでます。


黒髪を明るくできないので、白髪がある部分だけに色が付いてみえます。

根本ギりギリギリからしか塗れないので、根本1~2ミリは染まりにくいです。
髪が濡れていると、色が落ちやすいです。






③永久染毛剤


一般的なアルカリカラーで、髪の中までしっかり染まるものです。

薬ですので、ややダメージもありかぶれる可能性があります。


肌が弱い方、心配な方はパッチテストをした方が安心です。



染まりは一番良いです。
カラーのバリエーションが多いので、明るめの白髪染めにしたいと場合は、ヘアカラーのが良いと思います。





④その他

ヘナなどの植物の染料です。

ヘナは白髪には色が入りやすく、白髪染めとしては最適です。

黒髪を明るくすることはできません。
少し色味が変わり、自然な髪色に仕上がります。

ヘナを使っていくうちに、ハリ・コシが出てきます。





色々な染めかたがありますよね。

髪色を明るくしていたいか、自然な髪色で白髪を染めたいかで、選んで行った方がいいと思います。






今、ファッションカラーで染めていて、少しの白髪が気になり初めた方は、今のカラーに、白髪染めをミックスして作る事も出来ます。


美容師さんに相談してみてください☺️🎵🎵

一覧へ戻る