regame ORGANIC NATURAL BEAUTY

0465-20-4800

小田原市矢作25−1

営業時間:9:00~21:00 (日曜日は16:00まで)

定休日:毎週火曜日

WEB予約 regame

NEWS&BLOG

Aroma

2022.06.07

アロマトリートメントと自律神経

こんにちは!

regameアロマ担当 みやもとななこです♪

アロマを受けた後に心に余裕ができたり、温かくなったり心や身体に変化が起こるのはなんででしょう??

理由のひとつに自律神経が整いやすくなるということがあります。

今回はアロマトリートメントととっても関係が深い自律神経とからめてお話ししたいと思います^^

何度かブログに記載している自律神経。
分かりやすくいうと、敵(ストレス)が現れた時に戦ったり、逃げたりする交感神経
食事を摂ってエネルギーを蓄えたり、睡眠をとって脳や身体を回復する副交感神経
この2つがバランスを取りながらはたらいて私たちの身体をコントロールしています。

ちょっと難しくすると
自律神経は自分の意識ではコントロールできない「平滑筋」「心筋」「内外分泌腺」の活動をコントロールしています。
心臓のドキドキや食べ物の消化って、基本的に自分ではコントロールできません。
(某アニメではそれをコントロールして身体をパワーアップするようなシーンがありますが)

自律神経は2つのニューロンから成り立っています。
ちなみにニューロンは生物の脳を作る神経細胞のことで、情報を処理したり、伝えたりしてくれます。
よく生物の授業などで目にするこんな形の細胞です↓


【脳、脊髄→神経節】
【神経節→筋肉or腺(ホルモンを分泌する内分泌腺、汗や唾液などを分泌する外分泌腺)】
自律神経系では上の2つの経路で成り立っています

【神経節】って?
神経細胞や神経繊維が集まってポコっとしている部分です。
自律神経ではここで伝達を中継します。

神経節には頸(首)神経節、胸神経節、腰神経節、仙骨神経節があって
それぞれの神経節に神経繊維が通って、それが集まって【神経叢(そう)】をつくります。
【叢】はもともと草むらを意味する漢字で、何となく繊維がワサァっとしてる感じかと思います。

その神経叢から、神経は放射状に広がっていて
心臓や肺が入っている胸腔
主に消化器系が入っている腹腔
生殖器系などが収まっている骨盤腔
に伸びていって、自分では意識して動かせない身体の機能をコントロールしています。

regameのアロマトリートメントでは、背骨の両脇にある【神経節】を刺激する手技を取り入れていて
それが倦怠感を軽くしたり、調子が良くなったり、ストレスがある程度緩和されることで心身がリラックス状態になって、よく眠れたりします


中国式の鍼(はり)でも背骨の両脇を並行して通る膀胱経、背中のツボは背兪穴と呼ばれていて、
背兪穴のそれぞれのツボは、その箇所と関連するツボ、臓器、機能に不調和があるか確認するために使われていたりします。

背兪穴は背骨両脇の一連の神経節の場所と重なっているのはとっても興味深いです✨



5月に引き続き低気圧不調を感じやすい6月もキャンペーン中です
ぜひこの機会にアロマを利用して身体を整えてみてはいかがでしょうか♪

一覧へ戻る